おうち時間にヘアバンドがおすすめのワケ(付け方と買える場所も解説)

Beauty
この記事は約4分で読めます。

ヘアバンドがあると、おうち時間がとても快適になります。

 

家に居るときは、髪の毛はセットしない方が大半を占めると思いますが、あらゆる場面で、

前髪が目にかかって鬱陶しい!」と感じることはありませんか?

 

そういった些細なストレスを、ヘアバンドは解消します。

 

この記事では、

・実際に使って感じた、ヘアバンドを使うことのメリット

・ヘアバンドの付け方

・ヘアバンドはどこで買えるのか?

上記の3点について解説していきます。

 

実際に使って感じたヘアバンドのメリット

前髪を伸ばしていても目に掛からない

1つ目のメリットは、冒頭にもあるように、前髪が目にかからないということです。

 

しょっちゅう前髪が目に掛かると、気が散ったり、目が痒くなったりしますよね。

筆者もひどい時は、それが嫌で前髪を伸ばすのを諦めて切ったこともありました。

 

ヘアバンドをすることで、前髪を目に掛からないように固定することが出来るため、結果として一切前髪を気にすることがなくなり、集中力アップにも繋がりました。

 

洗顔やスキンケアが楽

2つ目のメリットが、洗顔やスキンケアが楽になるということです。

 

前髪が長い人が、風呂上がりの洗顔やスキンケアをする際によくあるのが、前髪にまで水やクリームがついてしまうということです。

 

そのため筆者も、せっかく乾かした髪の毛をもう一度拭き取るという手間が増えて、毎日地味に面倒だったのですが、ヘアバンドをすることでそれもなくすことが出来ました。

 

ハゲる心配が減った

3つ目のメリットは、帽子をかぶるよりハゲるリスクが軽減するという事です。

 

前髪が目にかかるのが鬱陶しいから、家でも帽子をかぶるという方も多いのではないでしょうか?

 

帽子をかぶると、前髪は一切気にしなくて済むのですが、その代わりに

頭が蒸れて頭皮に雑菌が繁殖したり、皮脂や汚れが詰まりやすくなるため、抜け毛が増えてハゲてしまいやすくなります。

 

ヘアバンドは帽子とは違い、付けていて蒸れるということがないため、ハゲるリスクを軽減させることが出来ます。

 

ヘアバンドの付け方

【付け方は簡単!】上から被せて持ち上げるだけ

ヘアバンドの付け方は至って簡単です。

手順としては、

  1. ヘアバンドを頭の上から鼻先の位置くらいまで被せる
  2. ヘアバンドの上側が、前髪の生え際に来るように持ち上げる
  3. 必要に応じて中の毛を出す

この3つだけです。

 

両サイドから見ると、このような感じで、洗顔の時などは上に引っ張り上げたりしています。

 

※動画で観たい方は、下記のものが非常に分かりやすいのでご参照ください。

ヘアバンドを買う方法

お店に買いに行くならドラッグストアor雑貨屋の化粧品コーナーへ行くのが確実!

ヘアバンドをお店に買いに行くなら、ドラッグストアもしくは、雑貨屋(ロフトやドンキホーテ)の化粧品コーナーへ行くのが確実です。

 

筆者も何度か探しに行ったのですが、コンビニには置いていないです。

 

また、色や形などに拘っている方は、ネットショップだと種類豊富に揃っているのでそちらも参考にしてみて下さい。
https://amzn.to/3q3AuKf

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回の記事の要点をまとめると、

ヘアバンドを使うことで、前髪が目にかからなくなりストレスが軽減される

ヘアバンドは蒸れないため、帽子に比べてハゲるリスクは小さい

ヘアバンドを買うなら、ドラッグストアや雑貨屋の化粧品コーナーか、ネットショップがおすすめ

 

おうち時間や、ここ最近増えてきているテレワークの時などにも、ヘアバンドがあると大活躍間違いなしです。

 

ぜひ参考にしてみて下さい。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました