【イタリア観光記】ファッション好きにはたまらない!GUCCI美術館

ファッションの本場イタリア」と言われるように、イタリア発祥のファッションブランドはたくさんあります。

その中の1つが皆さんにもお馴染みのGUCCIです。

ファッションが大好きな人はフィレンツェに来た際は是非足を運んでもらいたいGUCCI美術館について詳しく説明していきます。

GUCCI

まず簡単にGUCCIの歴史から紹介すると、

GUCCIはグッチオ・グッチ氏が1921年に創業したファッションブランドで、やバッグ、財布などの革製品、時計などのアクセサリー香水なども手掛けています。

そして「ブランドの元祖」と言われており、実は世界で初めてデザイナーの名前を入れたのがGUCCIなのです。

GUCCI美術館

GUCCI美術館はフィレンツェのメルカンツィア宮殿内にあり、当社のクリエイティブ・ディレクターのアレッサンドロ・ミケーレ氏がデザインをしています。

中は3フロア(イタリアでは日本と違い0階からカウントされる)で、

GUCCI美術館でしか販売していないオリジナルグッズが販売されているショップレストランギャラリーが展開されています。

料金・住所

GUCCI美術館の住所は、

Piazza della Signoria, 10, 50122 Firenze FI

上記をコピペすると出てきます。

パラッツォヴェッキオのすぐ近くにあるので比較的分かりやすいです。

料金は上記のようなチケット(入場券)が8ユーロです。

その他に、レストランで食事される場合やショップでグッズを買う場合などは別途費用がかかる。という感じです。

フロアレビュー

0階は限定グッズのショップとレストランがあります。

他の店舗販売では見ることの出来ない、手に入らない柄が数多く展開されています。

靴やバッグはやはりかなり値段がするのでちょっと、、、となる方でも比較的価格帯低めのグッズも売っています。

(筆者もお土産に鉛筆を買いました。笑)

1階と2階は歴史のある商品や、実際に有名人がファッションショーやコレクションで着用したドレスなどが多数展開されています。

また当時の商品の設計図などのレアなものも展示されています。

インスタ映え!?な写真スポット

ちなみにですが壁面もいくつかのコンセプトごとに彩られているので、こちらをバックに写真を撮っている観光客もたくさんいます。

アメリカのポールスミスまではいかないですが、インスタ映えもするかも。(笑)

まとめ、質問フォーム

以上がGUCCI美術館の紹介になりますが、筆者の個人的な感想としてはフィレンツェの他の美術館に比べると料金が少し安い分、少しこじんまりした感じはありますがファッション好きには堪らない空間です。

本場のファッションに触れてみたい方は是非フィレンツェにお越しの際は足を運んでみてください。

また当ブログにおいて疑問点やご要望などございましたら、お手数ですが下記のフォームまでお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。