【プチプラジャケット特集】H&Mのジャケットはオフィスもイケる!?

ファッション

キレイ目アイテムの代表であるジャケット。

 

現在はテイラーや量販店などでもたくさん売られていますが、その中でもファストファッションブランドで売られているジャケットは一体どうなのか気になりませんか?

 

「普段着だけでなく、オフィスにも使えるのか?」など様々な疑問点があるかと思います。

 

そこで今回はH&Mのジャケットについて実際に筆者の着用してみてのレビューも合わせて徹底的に解説していきます。

 

(ちなみに同じくファストファッションブランドのGUのジャケットについての解説はこちら↓)

http://powertour.xyz/mens-fashion/fashion/post-840/

 

スポンサーリンク





 

H&M スキニーフィットコットンジャケット

 

良い点

GOODポイント① 安見えしない!高級感が◎

こちらのスキニーフィットコットンジャケットの素材は、表地がコットン(綿)97%、ポリウレタン3%で、裏地がポリエステル100%となっています。

 

素材の性質上、表地のコットン(綿)は肌触りがよく、艶があります。ですので普段着だけでなく、オフィスにも十分使えるほど高級感のある見た目です。

 

 

GOODポイント② 動きやすさ、通気性も◎

こちらも素材の性質上の話になりますが、コットン(綿)は通気性も非常に優れているのでこのジメジメした季節にもぴったりです。

 

また、実際に着てみての感想ですが、非常にストレッチが利いています。ですので長時間着ていても肩が凝りませんし、とても動きやすいです。

 

スポンサーリンク





 

難点

BADポイント① 少し値段が高め

こちらのスキニーフィットコットンジャケットは相場よりはもちろん安いのですが¥7499と、ほかのファストファッションブランドに比べると少し値段が張るので挙げさせていただきました。

 

ただ上記のように上質な肌触りやストレッチ性を持っているのでコスパは良いんですけどね。(笑)

 

 

BADポイント② 雨には弱い

こちらのスキニーフィットコットンジャケットはとても艶のある上品な見た目をしているのですが、一つ難点として雨などの水に弱いです。

 

実際どうなるのかというと、まず濡れた段階で色が変わります。(もちろん時間が経てば元の色に戻りますが、、)

 

そして、素材の性質上その濡れたものが乾く際に縮んでしまう恐れがあります。ですので着られる際は天気には気を付けておいたほうが良いです。

 

 

BADポイント③ なかなか洗えない

こちらが筆者的には一番の難点に感じたのですが、先ほども挙げたように水に弱いので汗をたくさん掻いたからと言って簡単には洗濯できないです。

 

H&MのWEBサイトの説明欄にも書いてあるのですが、洗濯はドライクリーニングのみとなっています。

 

近頃はまるまる洗えるジャケットが量販店などでも多く展開されているので、ここがファストファッションブランドとの大きな違いですね。

 

 

結論:オフィスにも使えるがシーズン限定がおすすめ!

上記の良い点と難点を踏まえた筆者なりの結論は、「見た目の高級感と高いストレッチ性から、普段着だけでなくオフィスにも使えるが、水に弱いため洗濯が厳しいためシーズン限定で着る」ことがおすすめです。

 

 

まとめ、質問フォーム

いかがでしたでしょうか?

 

値段的にはGUの倍近くしますが、とても高級感のある見た目でコスパは高いH&Mのスキニーフィットコットンジャケットを紹介させていただきました。

 

気になる方は是非お店でお手に取ってみて下さいね!

 

また、当ブログにおいて疑問点やご要望などございましたらお手数ですが下記のフォームまでよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました