出来る、カッコいい男性のバイブル

プチプラだけで黒✖️茶の渋コーデ

2017/11/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「ファッションを楽しみたい!でもなるべく安く済ませたい!」という方に、プチプラメインで出来る、ファッションコーデを紹介しています。 また、旅先のオススメのスポットなども紹介していきます。

こんにちは。今回はプチプラアイテムだけで、黒✖️茶色のイタリアの少しスポーティで渋目なコーデを紹介します。

また服のサイズの選び方のポイントも簡単に説明していきます。



アイテム紹介

 トップス

  今回トップスで使用するアイテムはH&Mさんの首元にジッパーが付いているカットソーです。

ハイネックで、首元にジッパーが付いていることで、いい意味でジャージっぽくスポーティな印象になるのでオススメです。お値段は¥1500(購入時)で、かなりお買い得になっています!

 

ボトムス

ボトムスに使用するのは、こちらもH&Mさんのレディースのブラックスキニージーンズです。

H&Mさんは日本のようにサイズがウエスト表記ではなく、インチでサイズが表記されているので、購入される前に自分のサイズを把握しておく。または、購入前に試着をすることをオススメします。

お値段は¥1990で、こちらもお買い得になっています。

 

シューズ

シューズはイタリアで購入したOTISOPSEさんのドライビングローファーを使用します。

こちらのOTISOPSEさんはフィレンツェに3店舗あるのですが、イタリアの革靴を扱う店の中でも、かなりお手頃価格で購入することができるのでオススメです。

また靴底も革ではなく、薄手のポイントになっているドライビングシューズですので車の運転にも最適です!

お値段は39€(¥5000弱)です。



完成コーデ

こちらが完成コーデになります。

ジャージっぽいトップスと細身のレディーススキニーでスポーティなものに茶色のローファーを合わせることで、少し渋さも加えてくれます。

休日で少し動きやすそうなスポーティな渋いコーデをしたい時には黒と茶色で合わせるコーデがおすすめです。

 

備考(サイズ選び)

今回のような黒を基調にしたコーデのサイズ選びなのですが、黒は引き締め(細見え)効果がある色ですので、あまり大きいサイズを選んでしまうと少しだらしない印象に見えてしまうのでオススメできません。

出来ればジャストサイズで着るか、またはワンサイズ小さめの物を選んで少しタイトな感じで着るとより細く、シュッとした印象に見えますのでオススメします。

筋トレなどをして身体を鍛えて引き締めてからこのコーデに挑戦するとより一層かっこよく渋くキマります。

筆者もそうなれるように毎日せっせと筋トレに励んでいます。(笑)

また当ブログにて疑問点やご要望などがある方は、お手数をおかけしますが下記の問い合わせフォームまでお願いします。




この記事を書いている人 - WRITER -
「ファッションを楽しみたい!でもなるべく安く済ませたい!」という方に、プチプラメインで出来る、ファッションコーデを紹介しています。 また、旅先のオススメのスポットなども紹介していきます。

Comment

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Dandism , 2017 All Rights Reserved.