メンズ必見!失敗しないフルジップパーカーの着こなし方

パーカーにジーンズが男性の服装で一番好き!」と、今でもそういう声がたくさん挙がっています。

そんな秋冬の定番アイテムのパーカーはトップスとしても、ジャケットのインナーとしても使えてとっても便利なのですが、着こなし方を間違えると一気に子供っぽくダサくなってしまう恐れがあります。

今回はパーカーの中でも前がファスナー式のフルジップパーカを着るうえで失敗せず、カッコよく着こなすためのポイントを紹介していきます。

スポンサーリンク





失敗しない!フルジップパーカの着こなしポイント

フルジップパーカは閉めずに羽織る!

その名の通り前がジッパー式で開け閉め出来るのがフルジップパーカの最大の特徴ですが、前を閉めないことがカッコよく着るための大事なポイントです。

【GOOD】                 【BAD】

上記の写真で比較していますが、同じ格好をしているのに前を閉めてしまうだけで一気に子供っぽくなってしまいます。ですので大人っぽくカッコよく着こなすために前は全部開けて羽織るようにしましょう。

またその際にパーカーの下に着るインナーには、なるべくシンプルな白や黒の無地Tシャツを合わせるのが無難です。

柄物や、派手なグラフィックTを合わせてしまうとこちらも同じく非常に子供っぽくダサくなってしまうので要注意です。

忘れがち?フードもしっかり整える!

こちらは着ていると結構忘れがちになるのですが、フードも常に整えておくことがパーカーをカッコよく着こなす大切なポイントになります。

上記の写真を見てもらうと一目瞭然なのですが、上のダラんとしている方に比べて下のフードを整えている方がカッコよく見えますよね。

細かいことですがこういったところも気に掛けることで、よりカッコよく着こなすことが出来ます。

スポンサーリンク





フルジップパーカのコーデ例

パーカー×デニムの王道コーデ

冒頭でも書いたようなフルジップパーカの一番シンプルで王道のコーデです。

アメカジテイストが好きな方は別として、前を開けたパーカーのゆるめなシルエットに対して、ボトムスは細目のものを選ぶことでメリハリがあってカッコよくきまります。

【アイテム詳細】

パーカー:GU

Tシャツ、デニム:UNIQLO

スニーカー:NIKE

モノトーンにすることで高級感が出る!

パーカーと言えばどうしてもラフなイメージがありますが、全身を白黒のモノトーンに抑えることで高級感も出すことが出来ます。

上記の写真ではインナーは白のTシャツを合わせて少し爽やかさを意識させていますが、もっと渋さや男らしさを強調したければ、ここに黒のTシャツを合わせてオールブラックにするのがおすすめです。

【アイテム詳細】

パーカー:GU

Tシャツ:UNIQLO

デニム:H&M

スニーカー:ZARA

カラーパンツを使うときは極力シンプルに!

カーキやベージュなどのカラーボトムスを合わせたい場合は注意が必要です。

押さえておいてほしいのは、「なるべく3色以内に抑える」ということです。

これより多くの色を使ってしまうと全体的にガチャガチャしてしまい、たとえ良いアイテムを使っていたからといっても子供っぽくなってしまいます。

【アイテム詳細】

パーカー:GU

Tシャツ:UNIQLO

ボトムス:H&M

スニーカー:NIKE

まとめ

いかがでしたでしょうか?

せっかく女子ウケの良いアイテムを使っているのに着こなしがダサければなんだかもったいないですよね。

簡単なポイントを押さえるだけで誰でもカッコよく着こなせるので、是非これからの季節のおしゃれにパーカーを取り入れてみて下さい。

参考になれば幸いです。では!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。