【新社会人必見】ビジネスシャツの正しい選び方とおすすめのシャツを紹介

Clothes

日頃からスーツを着る社会人に欠かせないのがシャツです。

 

特に新社会人の方はこれからたくさんシャツを買うことになるかと思いますが、シャツは種類ごとに用途が変わってきます。

 

今回は新社会人を含むビジネスマン向けのシャツの正しい選び方とおすすめのシャツを紹介していきます。

 

  • いつもなんとなくシャツを買っている方
  • 低価格で仕事が出来る風のカッコいいシャツを欲しい方

是非参考にしてみて下さい。

 

 

シャツの正しい選び方【ポイントは襟】

シャツの選ぶうえで最も重要なのはです。

 

シャツの襟には多くの種類があるのですが、使う用途によって選ぶべき襟の種類は変わってきます。これを間違ってしまうと例えば取引先の人の顰蹙(ひんしゅく)を買ったり、ひどい時には怒られるなんてこともあります。

 

適当にサイズのあるシャツを選ぶのは後々後悔することにもつながりかねないので注意して見るようにしてください。

 

レギュラーカラーシャツ(万能型)

引用元:uniqlo.com

ビジネスシャツの中でも定番なのがレギュラーカラーです。

 

どんなジャケットやネクタイの形にも対応し、また仕事だけでなく冠婚葬祭の時などに着ても失敗することはありません。

 

新卒社会人で最初にどんなシャツを着ていけば良いか分からないという方はレギュラーカラーのシャツを選ぶのが無難です。

 

 

セミワイド(フォーマルで見え感もカッコいい)

引用元:uniqlo.com

商談など、ネクタイを締めて普段よりカッチリと着こなしたい方はセミワイドがおすすめです。この時は太めのネクタイを合わせると相性抜群です。

 

また、セミワイドは程よく襟が開いていることで首回りがすっきり見えるためスタイルアップ効果と小顔効果もあります。

主に痩せ型の体型で、スーツ姿がどこか貧相になるという方はセミワイドを選ぶことで、その悩みも改善されます。

 

 

ボタンダウン(ネクタイなしのカジュアル向け)

引用元:uniqlo.com

ボタンダウンはその名の通り襟の部分にボタンが付いているシャツのことを指します。

この襟のボタンが何故ついているのかというと、ネクタイも締めず第一ボタンを開けて着るときに襟が崩れないようにするためです。

ですので、ボタンダウンは普段そこまでネクタイを締めることがない方や、クールビズの際におすすめです。

 

逆に、現在はスーツの着こなしも多様化しているのでそこまで口うるさく言われることはないかとは思いますが、商談などのフォーマルな着こなしを求められる場においてボタンダウンを着ていると、顰蹙(ひんしゅく)を買ったり、ひどい時には注意されることもあるので注意してください。(※筆者も一度お説教を受けたことがあります。。)

 

 

【新社会人必見】ユニクロのビジネスシャツは持っていて損なし

ノンアイロンシャツなら手入れが楽!(出張などにも便利)

数あるビジネスシャツの中でもユニクロのノンアイロンシャツはかなりおすすめです。

 

一番のメリットはアイロンをする手間を省くことが出来ることです。

(※ユニクロの通常のコンフォートシャツ) 

(※ユニクロのノンアイロンシャツ)

 上記の画像はノンアイロンシャツと、そうでないシャツの洗濯後を比較したものですが、画像から見て取れるようにノンアイロンシャツだと、ややこしいシワがほとんどありません。

 

ですので毎日そこまでアイロンに手間取らなくても済みますし、宿泊を伴う出張に持っていくのもおすすめです。

 

また、種類も先ほど説明した【レギュラー、セミワイド、ボタンダウン】の3種類あるので、用途に合わせて持っておくと非常に便利です。

 

ユニクロのオンラインストアへはこちらから

 

 

【まとめ】ビジネスシャツの種類には意味や用途がある

今回解説したようにビジネスシャツには様々な襟のタイプがありますが、どれも正しい意味や用途があります。

 

それを間違ってしまうと後々になって後悔することにもつながりかねないので、好きなデザインや在庫があったからと言って適当に選ばないように注意して見て下さい。

 

 

 

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました