【モテる冬服】タートルネックセーターの着こなし方とは

Clothes

冬はあらゆるお洒落を楽しむことが出来る季節ですが、その中でも大人っぽくて男らしいコーデをしたい方や女性ウケを狙いたい方はタートルネックセーターが必須です。

 

今回はその中でも最もシンプルで男らしい黒(ダークグレー)のタートルネックセーターを使ったコーデの例を紹介していきます。

 

 

【モテる冬服】タートルネックセーターの着こなし方とは

【フォーマル】スーツ(セットアップ)×タートルネックセーター

タートルネックセーターを使って少しカッチリとした(フォーマルな)コーデをするなら、日ごろから使っているスーツ(セットアップ)の中に合わせてみましょう。

 

こうすることで普段のスーツスタイルとは違ったオフィスカジュアルや、ちょっぴり高級なレストランに行くときなどにも使える大人っぽく色気のあるコーデに仕上げることが出来ます。

 

タートルネックセーターの裾はジャケットの前ボタンを開けて着るなら出して、逆に前は閉めて着るのであれば裾を入れると違和感なく着こなせます。

 

また、足元はキレイ目に仕上げたい場合は写真のように革靴やローファーを、少しカジュアルにしたい場合は白のスニーカーを合わせるのがおすすめです。

 

 

【キレイ目】ジャケパン×タートルネックセーター

一つ目のスーツ合わせのコーデよりも、もう少しいろいろな場所に着ていけるカジュアルなコーデに仕上げたいのであれば、上はジャケット、ボトムはデニムなどを合わせたジャケパンスタイルに合わせるのがおすすめです。

 

この時のポイントとしては、

①ジャケットの前ボタンは基本的に開けておく

②ボトムスはスキニーか、テーパード(膝から下にかけて細くなっていくシルエット)の利いたものを使用すること

上記の2つを押さえておくと違和感なく誰でもカッコよく着こなせるので意識してみて下さい。

 

 

【カジュアル】ライダースジャケット(ダブル)×タートルネックセーター

タートルネックセーターの上にライダースジャケットを合わせると、カジュアルかつ男らしさが際立ったコーデに仕上げることが出来ます。

 

合わせるライダースジャケットはシングルでもダブルでもカッコよく着こなすことが出来ますが、男らしさや無骨さを出したい場合であれば、上記の写真のように装飾も多いダブルのライダースジャケットを合わせるのがおすすめです。

 

足元には写真のようなブーツや、黒基調のスニーカーを合わせることで全身に統一感が出てカッコよく着こなすことが出来ますので意識してみて下さい。

 

 

黒のタートルネックは状況や場所に合わせて使い回しやすい!

いかがでしたでしょうか?

 

シンプルな黒(ダークグレー)のタートルネックセーターはジャケットやボトムスの良さや色味を邪魔しないため非常に使いまわしやすいアイテムです。

 

状況や場所によって様々なコーデに合わせることで大人の男性らしくカッコよくコーデを仕上げることが出来るので是非活用してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました